オートサービスショー2003 見聞録

MENU 
なっ得つーる
 
 
 
 
 
 
 
 
行って来ました!

2003年6/20日
今回は東京東雲のビッグサイトにて、開催しました。
当日は蒸し暑い1日で、汗を拭き拭き会場に・・・。
また、会場到着前に首都高でトラックの事故渋滞にはまり、ちょっとお疲れモードに入りながらの会場到着(AM9:45分頃 会場駐車場に入る所)
AM9:30 開場の前に、お決まりの各業界団体役員による、”ご挨拶”が延々と続き”開場”。
当日は我々工具・自動車業界関係者の他、自動車整備学校の生徒などが来場しており、思いのほか賑わいを見せていました。
入場手続きをしに、受付へ・・・。横では”SARS”関連の影響で”サーモビューアー”を覗く係員がいました。
入場して最初のブース、”Vessel”のブースで”エアーソー”の新製品を実演していました。
3Mブースには、”カタログ”を頂きに・・・。
”YUKO”自動車整備用リフト、タイヤチェンジャーのメーカー(他社のOEM品を製造しているメーカー)。
ちょっと部品の件で営業マンと、商売の話をして帰る・・。
長崎ジャッキ鰍ナは、ガレージジャッキを色々と展示されていました。
やはり国産品は安心して使える商品だ!
自動車用特殊工具メーカー”HASCO”では、また色々と新製品が展示されていました。
やはりSSTでは、国内1の商品点数があった。
ちょっと気になった、輸入ツールメーカーです。
今後、国内に沢山出回るかも・・・?
でも、製造は東南アジア?
世界最大のTOOLメーカー言わずと知れた
”Snap-on”
旭エアーゲージは、国内ナンバー1で他社のOEM品を製造していました。
ハンドツールは、21世紀バージョンが出揃い
また、今回はスペシャルツールをメインに出品していました。
何でも手を出す”KTC”は、スペシャルツールメーカーになれるのか・・・?
唯一、輸入メーカー単独で出品していた”HAZET”は、かなり人気が有りブースもお客さんでいっぱいでした。
創立135周年記念セットや、限定カラーのツールBOX等多数展示されていました。
N-KITでメインで販売しています、”SHINANO”は今回超ミニエアーラチェットを出品しており、写真を見て御判りのように、タバコの大きさよりちょっと大きいぐらいのサイズです。
発売は、今秋予定で価格も約¥18.000-前後になるそうです。
N-KITでも沢山の種類を在庫しているネジ修正の”Recoil”のブースも覗きました。
今回はLED関係の商品を出品しておりました。
詳細は後日報告致します。
まとめ
  オートサービスショーも、年を追うごとに規模が小さくなっているような気がしてなりません。
特に、前回からカーコンビニやリニューカーなどが目立ちハンドツールや整備機器関係が少なく私達の業界関係商品が目立たなくなって来ていました。
今後は自社のオリジナルツールなどを考えていかなければいけないかな・・・?と感じました。

輸入工具販売 N-KIT
〒373-0851 群馬県太田市飯田町808番地

TEL 0276-45-3528 FAX 0276-45-3638

URL:
http://www.n-kit.com